FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
***
知らぬ顔をするならば
私を 置いて 走り抜けるよな風
昨日を 捨てるなら
もっと 連ね やさしさなど 要らぬはず

雲の向こう 手を伸ばしながら 唸る雷
その声を 聞きながら お前も 泣くのか

蛍のよな 美らさ なくとも
聞こえるはず 鐘の音
消えそな 声で 叫ぶ私を
どう 堕としてくれようか

蒼を知って 染まって 在れよ
そんな傷で 立ち止まって
明日を 見失うなら
もっと想って 染まらず 在れよ

隠す様 陽の様 見るだけに 月の光
それでも 泣くな お前は 強かろう

蛍のよな 美らさ あっても
聞こえない 終末の音
壊すほどの 声で 叫ぶ私を
どう 生かしてくれようか

終る時よ また 近付いて
怯えるほど 眠れぬ夜も
そんなに 遠くはないことを
腕に 刻みながら お前は 生くだろう

蛍のよな 美らさ なくとも
聞こえるはず 鐘の音
消えそな 声で 叫ぶ私を
どう 堕としてくれようか

蛍のよな 美らさ あっても
聞こえない 終末の音
壊すほどの 声で 叫ぶ私を
どう 生かしてくれようか


詩/AiNa
スポンサーサイト
[2010/06/08 15:10 ] |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。